PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  

Posted by つくばちゃんねるブログ at

2012年12月04日

バスツアー「秋京都 真如堂・永観堂・南禅寺・清水寺」その1

常南交通株式会社  常南トラベル バスツアー

2012.11.30~12.1 「錦秋の京都 真如堂・永観堂・南禅寺 石塀小路を歩く」その1

コース
谷田部IC ⇒ 常磐・首都高・新東名・新名神高速道路 ⇒ 車中泊 ⇒ 京都東IC ⇒ 京都市内「ホテルハトヤ瑞鳳閣」(朝食) ⇒ 真如堂【真正極楽寺】(参拝) ⇒ 禅林寺【永観堂】・・・南禅寺(参拝) ⇒ 八坂神社・・・石塀小路・・・二年坂・・・清水寺(自由参拝)・・・「日月庵」(京料理の昼食) ⇒ 京都東IC ⇒ 新名神・新東名・首都高・常磐高速道路 ⇒ 谷田部IC


今日は、夜行で京都に行くバスツアーです。車中泊の旅は初めてなので、眠れるかどうかちょっぴり不安を抱えながらの参加。

常総線新守谷駅前で全てのお客さんを乗せたバスは、駅前を22時に出発しました。

今回のバスツアーは、往復で1,000kmを超える長距離ドライブと言うことでドライバーさんは2人体制。
これなら安心して旅行も楽しめます。「よろしくお願いしま~す」



就寝タイムには、カーテンを閉め、リクライニングを倒し、車内灯を消して全員が就寝。




最初の休憩タイムは、いつもの守谷SAです。

その後は、約2時間置きに新東名の駿河湾沼津SA、美合PA(岡崎ICの手前)と休憩タイムを取り、最終休憩タイムは琵琶湖の見える大津SAで取りました。

大津SAには、道路が空いていて早めに着いたため、パーキングに車を止めて5時まで時間調整をして、予定の5時になってから6時までの約1時間、洗面タイムとなりました。




    
京都東ICで高速を降りたバスは、JR京都駅前の「ホテルハトヤ瑞鳳閣」へ。

朝食の予約が7時からだったため、その時間に合わせるようにバスはSAで休憩をとったり時間調整したりして7時前にホテルに到着。

右の写真は、用意されていたお膳です。温かいものを食べていただこうとの配慮から、ご飯、お味噌汁、焼き魚は、後から運ばれてきました。



最初の見学場所は真如堂(しんにょどう)、 バスの駐車の都合で東参道から境内の中に。




石段を上り境内に足を踏み入れると見事に色付いたもみじが迎えてくれました。




正面参道の石畳は、赤いカエデの落葉で覆われています。奥に見えるのが本堂。





真如堂は通称で、正式名称は鈴聲山(れいしょうざん)真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)で、比叡山延暦寺を本山とする天台宗のお寺です。

極楽寺はあちこちにあるが、こここそ正真正銘の極楽寺であるということから真正極楽寺と名付けられているようです。

本堂の中は、お寺の人が案内してくれました。

ここは「隧縁(ずいえん)の庭」

隧縁とは「真理は絶対不変でも、それが条件によって様々な姿を見せること」を言う仏法用語。この庭もいろいろな条件で様々な姿を見せてくれるそうです。




涅槃(ねはん)の庭 

お釈迦さまが入滅され、その周りを弟子たちが囲み、投げ悲しんでいる様子が表現されています。
生垣の前に並ぶ石が涅槃仏を表し、左の石が頭になります。





綺麗な紅葉ですね。

真如堂は、2002年JR東海の「そうだ京都に行こう」のキャンペーンで「盛秋の京都」としてCM・ポスターで紹介されたところです。




ポスターに使われたキャッチコピー

     ご本名は真正極楽寺

     「正真正銘のゴクラク」は

     町角を曲がるとあったりするんです。




真っ赤に燃え盛る「真如堂」の紅葉に別れを惜しんで、禅林寺へ。




真如堂からバスで数分の禅林寺へ

浄土宗西山禅林寺派の総本山 禅林寺は、平安時代の草創期から1千年以上の歴史を持つ古刹。

本堂には、御本尊「みかえり阿弥陀像」(国の重要文化財)が安置されています。

阿弥陀像の顔を斜め後ろに向けた「見返り姿勢」が教えるものは

・遅れる者を待つ姿勢
・愛や情けをかける姿勢
・おもいやり深くまわりを見つめる姿勢

など

阿弥陀如来を拝しながら、自身の姿を振り返ってみるのも、これからの自分の人生にとってプラスになること間違いなし。




   
三鈷(さんこ)の松 葉先が3つに分かれている珍しい松

この松葉を持っていると3つの福が授かると言われているようです。
ただ、この付近に「拾わないように!」との立て看板あり、拾うことは出来ませんでしたが、境内の売店に「無料です」と置いてあったのでゲットすることができました。




境内を染め上げる紅葉




放生池の水鏡に映える紅葉




紅葉の絨毯、紅葉は散っても美しいですね!




夜間特別拝観の紅葉ライトアップは、紅葉と多宝塔のコラボが見どころ。一度観てみたいですね。




「もみじの禅林寺」として全国にその名を知られているだけあって観光客が沢山。




みかえり阿弥陀仏を拝し、自分を見つめ直し心も新たにして、禅林寺(永観堂)を後に、次の目的地へ。




今回のバスツアーはこちら

            常南トラベルのバスツアーはこちらでご覧になれます
                  
             


その2 バスツアー「秋京都 真如堂・永観堂・南禅寺・清水寺」に続く
(文責 岡田)



  


Posted by 常南トラベル at 15:21その他

2012年11月20日

紅葉の苔庭と箱根の秋・箱根ホテルのランチ -動画-

常南トラベル バスツアー『紅葉の苔庭と箱根の秋・箱根ホテルのランチ』

バスツアー「紅葉の苔庭と箱根の秋・箱根ホテルのランチ」その1
バスツアー「紅葉の苔庭と箱根の秋・箱根ホテルのランチ」その2

音楽が流れますので、音量を調節してご覧になってください。



公式サイトで常南トラベルの情報を知る!
http://www.jyonankotsu.com/

facebookで常南トラベルと交流!
http://goo.gl/7H25h

Blogで常南トラベルを知る!
http://jyonankotsu.tsukuba.ch/

youtubeで常南トラベルを見る!
http://www.youtube.com/user/jyonankotsu   


Posted by 常南トラベル at 19:51その他

2012年11月20日

バスツアー「紅葉の苔庭と箱根の秋・箱根ホテルのランチ」その2

常南交通株式会社  常南トラベル バスツアー

2012.11.17 「~紅葉の苔庭と箱根の秋~ 箱根ホテル『イル・ミラジィオ』のランチ」その2




紅葉のスポット、箱根強羅にある箱根美術館へ。

この美術館は、昭和27年に設立された箱根で最も古い美術館です。本館には、縄文時代から江戸時代までの埴輪や日本の古陶磁が展示されていますが、入場者のお目当ては、なんといっても色鮮やかに紅葉したもみじが綺麗な日本庭園を楽しむことのようです



美術館に入場するお客様で列ができていましたが「常南トラベルのお客さんはこちらからどうぞ」と係員に案内され、雨の中、並ぶことなく入場することができました。




ゲートを通り、順路に沿って園内を時計回りに散策。太鼓橋を渡って苔庭へ。




苔庭

この苔庭は、日本各地から集められた約130種類もの苔に覆われ、そこに約200本ものもみじが植えられています。

苔にもいろんな種類があるのですね!確かに、よく見てみると違いが分かります。





苔の上にもみじが落葉した情景は、秋の日本庭園そのもの。苔の絨毯に紅葉模様 美しい。




 

 
雨に濡れて紅葉がより一層鮮やかになったもみじ、綺麗ですね、感動です。

 


 
茶室・真和亭からから見た苔庭。ここでは有料ですがお点前をいただけます。

亭内からの眺めは、また違った趣があリますね。
ここにに入るのは無料ですので、是非入って苔庭を眺めてください。お勧めです。




石楽園

巨岩による石組と渓流を中心とした庭園。滝のある風景は心を和ませてくれます。

 


 
庭園の一番奥に本館(美術館)があり、重要文化財の埴輪のほか縄文時代から江戸時代までの日本陶磁器が常設展示されています。

館内は撮影禁止のため、紹介できないのが残念。






竹庭

中国風の庭園。竹ともみじのコラボも落ち着いた空間を作り出しています。




萩の家の周りに廻らされた竹柵にもみじが付いた景色、良いですね!




 
萩の道です。

萩も黄葉して綺麗ですが、花が咲き乱れる初秋の頃も素晴らしいでしょうね。

 


 
箱根美術館へのアクセスは、電車で来ると箱根登山鉄道・箱根ケーブルカー「公園上駅」下車になります。改札なくでホームに入れたので写真を撮ってきました。

バスツアーも強羅駅からケーブルカーに乗り、公園上駅で降りて美術館に来るのも良いですね。




 
美術館の駐車場、大型のテントが張られていたので、その下に集合しバスに乗り込む。




 
雨に霞む箱根の山並みを後に、箱根新道を下り、最後の目的地「小田原の鈴廣」へ。




この蒲鉾の鈴廣、初めて来ましたが、お土産を買う観光客で一杯、すごいですね!




    
すぐ近くに「かまぼこ博物館」があったので覗いてみました。

かまぼこ板絵のコンクールの入選作品展が行われていました。かまぼこの板は、捨てられる運命にありますが、それが絵画となって蘇らせるアイデア素晴らしいですね。




 
かまぼこの手づくり体験教室も開催されていて、参加料は1,575円也。時間がなかったので見るだけした。




職人によるかまぼこ作りも、見学することが出来るようになっていました。

さすがプロ、かまぼこ包丁を使って素早くテキパキと作り上げていきます。


今回のバスツアー、箱根のもみじスポット「千石原の長安寺」「強羅の箱根美術館」と「芦ノ湖畔の箱根ホテルでのランチ」「小田原の蒲鉾店鈴廣での買い物」は、常南トラベルさんが自信を持って計画されたツアーだけあって素晴らしかった。
もう一度行ってみたいと思うツアーです。




今回のバスツアーはこちら

(文責 岡田)





  


Posted by 常南トラベル at 12:59その他

2012年11月19日

バスツアー「紅葉の苔庭と箱根の秋・箱根ホテルのランチ」その1

常南交通株式会社  常南トラベル バスツアー


2012.11.17 「~紅葉の苔庭と箱根の秋~ 箱根ホテル『イル・ミラジィオ』のランチ」その1


コース
谷田部IC ⇒ 常磐・首都高・東名高速道路 ⇒ 御殿場IC ⇒ 箱根千石原・長安寺【参拝・紅葉観賞】 ⇒ 箱根美術館【庭園散策・美術鑑賞】 ⇒ 箱根ホテル『イル・ミラジィオ』【ランチビュッフェ】 ⇒ 小田原『鈴廣』【お買い物】 ⇒ 箱根口IC ⇒ 小田原厚木道路・東名・首都高・常磐高速道路 ⇒ 谷田部IC

今日は、日本でも屈指のリゾート地「箱根」での紅葉狩りと高級ホテルでランチビュフェがセットになったバスツアーです。
久しぶりの箱根、楽しみにしていました。

今日は笑顔が素敵なガイドさんです。「よろしくお願いします」




今日は土曜日ですが、常磐高速は渋滞もなく順調に走行。

首都高に入り、隅田川に掛る桜橋付近にさしかかると、ガイドさんから「間もなくスカイツリーがキリンビールのビルに映るのが見られるのでよく見ていてください」と言われ撮った写真です。

「何時も6号向島線は渋滞して、この辺はノロノロ運転になりお客様にゆっくりご覧になっていただくのですが、今日はスイスイでお客様にはあわただしく見ていただきましたが、それでも運転手さん、気を利かせ少しスピードを落としてくれたのですよ」とのこと。

運転手さんありがとうございました。お陰で貴重な写真撮ることができました。




東名・御殿場ICで高速道路降りたバスは乙女道路を通り、箱根千石原に到着。

最初の目的地、紅葉スポットとして有名な「長安寺」です。このお寺、室町時代に建立されたものでかなり古い歴史があるとのこと。





雨が降っている中、ガイドさんに案内されながらお寺まで来ると、真っ赤に紅葉したもみじが私たちを迎えてくれていました。





真っ直ぐ伸びた杉の木立の空間をうめるように、紅葉したもみじが枝を広げています。




古い本堂を覆うように、紅葉したもみじが覆いかぶさっています。




ここは箱根の紅葉スポットと言われるだけあって、お寺の周りはもみじの紅葉が赤や黄で綺麗に彩られていました。




長安寺は、五百羅漢でも有名です。静かな境内の中に表情豊かな羅漢像が点在しています。




   
五百羅漢は昭和60年より建立が始まったそうで、今も増え続けているとのこと。

喜怒哀楽それぞれの豊かな表情した羅漢像が鎮座しています。
自分の今の顔、どんな表情した羅漢像に似ているかな?「これかな、あれかな」と一つ一つ羅漢像を眺め歩くと、出会うことができるかも!




小雨に濡れ色鮮やかになったもみじや五百羅漢を観賞しながら約一時間散策。本当に綺麗なもみじの紅葉を見ることができました。




本日のコースは①長安寺・もみじ観賞②箱根美術館・もみじ観賞③箱根ホテルでランチ④鈴廣で買い物の順となっていますが、、この順番でブログをまとめると、もみじ観賞が続いてしまい、それでは芸がないので①と③をその1、②と④をその2でまとめようと思います。

昼食は、芦ノ湖に隣接した箱根ホテル「ルイ・ミラジィオ」で人気のランチブッフェです。

レストランは、ホワイトのアーチ型天井やシックなテーブルがヨーロッパを思わせる落ちついた雰囲気をかもし出しています。

窓から、箱根を代表する景観「富士山と芦ノ湖のコラボ」を望むことができるのですが、あいにくの雨で富士山の姿は見ることができませんでした。でも、小雨に煙る芦ノ湖の眺めは、時がゆっくりと流れるようなたたずまいで、久しぶりにのんびりと食事をいただくことができました。

ランチバイキングのメニューは、どれをお皿に盛ろうか迷うくらい豊富




   
温製料理は、ローストポーク(写真右)、魚のクリーム仕立て、パスタ、ライス等




   
パンも各種用意されていました。




冷製料理は、トマトと小松菜のサラダ、ポテトサラダ、チキン竜田サンドなど




デザートも、ムース(写真)、ショートケーキ、アイスクリーム、フルーツ他




ここの名物、ライブキッチンコーナーで、シェフ自らがローストビーフのカッテングサービスをしてくれました。

たっぷり時間があったので、のんびりと庭園を眺め、同席した人達とよもやま話をしながら美味しい食事を楽しむことができました。





雨が降っていましたが、時間もあったのでホテルの庭園に出てみました。桟橋はホテルのプライベート用




庭園から望む芦ノ湖は雨で霞んでいます。晴れていたら富士山の姿が正面方向に見え、モミジの紅葉と湖の青色のコントラストでさぞかしきれいなんでしょうね。





箱根ホテルの目の前にある箱根町郵便局。日本に郵便制度ができた1871年(明治4年)に設立された日本最古の特定郵便局です。ここは、江戸時代飛脚の中継地だったとか。

今でも、飛脚の伝統を受け継いでいるのが駅伝で、その中でも人気なのが正月恒例の大学箱根駅伝、折り返し地点は郵便局のすぐ近くにあります。今度はどこの大学が優勝するのでしょうか、名門校か新鋭校なのか今から楽しみです。




今回のバスツアーはこちら
  

               常南トラベルのバスツアーはこちらでご覧になれます
                  
             


その2 バスツアー「紅葉の苔庭と箱根の秋・箱根ホテルのランチ」に続く
(文責 岡田)



  


Posted by 常南トラベル at 11:41その他

2012年11月10日

紅葉のわたらせ、日光御用邸と富弘美術館-動画-

常南トラベルのバスツアー『紅葉のわたらせ、日光御用邸と富弘美術館』

バスツアー「紅葉のわたらせ、日光御用邸と富弘美術館」その1
バスツアー「紅葉のわたらせ、日光御用邸と富弘美術館」その2

音楽が流れますので、音量を調節してご覧になってください。



公式サイトで常南トラベルの情報を知る!
http://www.jyonankotsu.com/

facebookで常南トラベルと交流!
http://goo.gl/7H25h

Blogで常南トラベルを知る!
http://jyonankotsu.tsukuba.ch/

youtubeで常南トラベルを見る!
http://www.youtube.com/user/jyonankotsu   


Posted by 常南トラベル at 14:50その他